【ニュースレターの効果やメリット(8)】利益率が上がる

ニュースレターを発行し続けると、「お客様との距離が縮まる」「スタッフどうしの距離が縮まる」「お客様から声をかけてもらえるようになる」「CMと同様の効果がある」「スタッフが辞めなくなる」「会社の世界観を表現できる」「スタッフの表現力、会社の発信力がつく」といった、様々な効果やメリットがあるとお伝えしてきました。

しかし、ニュースレターの効果やメリットは、それらだけではありません。ニュースレターには「利益率が上がる」という効果やメリットがあるのです。

スタッフが辞めなくなれば利益率が上がる

「ニュースレターを出すと売り上げがあがりますか?」と、よく質問されることがあります。確かにニュースレターは、チラシやDMに比べれば、売上がすぐに上がるとは言いづらいツールです。しかし、ニュースレターを発行し続けることによって、先ほど挙げた様々な効果やメリットが生まれた結果、利益率が上がります。

例えば、これまでスタッフが辞めることで余計な求人広告費を出費していたとします。ニュースレターの効果によってスタッフが辞めなくなると、単純に求人広告費がかからなくなります。さらに新人スタッフの教育コストもなくなるのです。

中小企業であれば社長や幹部が営業をしているところは多いと思いますが、その時間をスタッフの採用や教育に費やすことは大きなロスとして見ることもできます。売り上げを伸ばすチャンスを減らすことは、結果的に利益率を下げることになります。しかし、スタッフが辞めない会社になれば、利益率は上がるようになるのです。

ファンが増えれば利益率が上がる

他には、ニュースレターによって商品や会社のファンになってくれるお客様が増えると、お客様がリピートで購入するようになったり、他の商品にも興味を持つようになったりします。そうすれば、余計な営業費用を出費する必要がなくなるため、利益率が上がるのです。

大事なのは、売上を上げることよりも「利益を出すこと」。確かに売上は大事ですが、余計な支出、本来しなくてもよい支出をしていたら利益が出ません。売上の質を良くする(利益率を上げる)ことができるのはニュースレターの良い所です。

ちゃんとしたニュースレターを作り、利益率を上げていくことができれば、自然と売上も伸びていきます。しかも、良いお客様が増えて、社長もスタッフもストレスなく仕事ができるようになれば、それがどんなに幸せなことかと思うのです。ぜひニュースレターを発行することで実現していきましょう。

オモシロホンポでは、ニュースレター制作に役立つ、より有益な情報をメルマガで配信しています。ぜひ下のリンクをクリックして登録していただけるとうれしいです。

メルマガ登録フォーム

関連記事

PAGE TOP