サービス

ニュースレターって何ですか?
What is “newsletter” ?

ニュースレターとは、簡単に言うと「会社の新聞」です。お客様や見込客に向けて定期的に発行するもので、その頻度は毎月、隔月、年4回など会社の予算や状況によって様々です。

何のためにニュースレターを作るの?

まず、ニュースレターが定期的に届くことで、お客様の記憶に何度も何度も御社のことが刷り込まれます。それは、お客様と御社の距離を縮めることになるとも言えます。

オモシロホンポがニュースレターを作るときには、御社の『理念やビジョン』をお客様と共有することを意識しています。理念やビジョンに沿った紙面企画をニュースレターに掲載すると、お客様に対して繰り返しそれらを伝えることができるようになります。

その結果、御社の理念やビジョンに共感してくれるお客様が増えていく、また、共感したお客様が御社のファンになり取引を継続していきます。

また、理念やビジョンの浸透は自社スタッフにも有効です。ニュースレターを継続して発行していくことで理念やビジョンを社内に自然に浸透させることが可能です。

理念とかビジョンがなくてもいいの?

「うちにはちゃんとした理念・ビジョンが無い…」
という企業でも、それらがまだ漠然としたイメージだけあって、まだ言語化できていなくても大丈夫です。イメージを共有して一緒にニュースレターを作っていきながら理念やビジョンを固めていくことも可能です。

また、「これまでの理念やビジョンを新しいものに変えたい」「会社に新しい風土を築きたい」という思いがあれば、ニュースレターづくりをきっかけに、理念やビジョンを変えていくことも可能です。

ニュースレターで売上は増えるの?

「ニュースレターを作れば、すぐに売上が増える」と言い切ることはしませんが、結果的に売上もしくは利益率を自然と上げることは可能です。なぜなら、ニュースレターには様々な効果があるからです。

例えば、ニュースレターを発行していくと、お客様と御社スタッフとの距離が縮まるので、お互いが仲良くより良い関係を築くことができます。さらに、御社のことや御社スタッフの個性を知ってもらうことでお客様からのクレームが減り、スタッフの個性に共感するお客様が増えます。

すると、御社スタッフにとって自社がそれまでより働きやすい環境になることはもちろん、御社スタッフが、働く意味や存在理由を自覚しながら、能力や個性を最大限発揮することができるようになっていきます。それらの結果が、離職率の低下にもつながります。

こういったプラスの現象が重ねて起こることで、売上もしくは利益率は自然と高くなっていきます。「ニュースレターを作れば、すぐに売上が増える」という考えではなく、良質なニュースレターを発行し続けることで会社の体質が改善され、その結果、売上や利益率が増えるという現象が起こるとオモシロホンポでは考えています。

サービスの流れ

PAGE TOP